FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

ALG暗黒戦争キャンペーン

実質2日で終えた全4話のキャンペーンです。

■ 初期設定
2007年6月 東京は魔の都に姿を変えた。
マナは急激に消失していき、世界中のシャードの88%が汚染。アビスシード化が始まる。
各組織の活動はマヒしたのみならず、内部対立すら始まる。

PC1:自覚したてのクエスター(レジェンド)  
PC2:アビスシード化に苦しむダンピール (ダンピール) 
PC3:未来から来訪者 (リターナー)

第1話「暗黒に消えた東京」
東京から離れた活動拠点を持つアイギスや魔術師連盟。
爆心地である東京には凄腕のクエスターが派遣されてきた。
復興のためにスペクター化したクエスター排除を開始。
ボス:なし “魔術師連盟の殺し屋”新月(撤退) → オニグモ×3 の連続戦闘

第2話 「突入!東京タワー」
リターナーPCが時空管理局と通信を回復するには、東京タワーに行くしかない。
タワーは巨大な奈落生物が居座り、巣を形成していた。
ボス:メガクリーチャー

第3話 「絶望のカウントダウン」

未来世界に戻ったリターナーPCは、自分が時空跳躍に失敗した原因を突き止める。
そんな中、ダンピールPCの汚染されたシャードはついに限界を迎える。
リターナーPCの活躍により、ダンピールPCの砕けたシャードの被汚染体積は広がる。
汚染されていない欠辺部は消して大きくは無い。
奈落の巨大な力を手にいれば自分と同じ存在に勝てるのだろうか。
ボス:時空管理局局長補佐グレゴリー・ワシントン(中ボス) →ダンピールPCの暗黒面

第4シナリオ 「暗黒のアルシャード」
時空管理局「時守梓」の協力を得たPCたち。
レジェンドPCは、自分がクエスターとして覚醒した背景(クラスメイ子が結界によって守った)を知る。
ようやくアイギスや魔術師連盟からの協力を取り付けたPCたち。
事件の犯人(豊城瑠璃伽)と目的(マナの独占)が明らかになる。
富士山河口に張られた結界を越えることができるのは、特異点であるPCたちだけだ。
ボス:豊城瑠璃伽(バズーカ装備)
スポンサーサイト
00:02 | キャンペーン | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

グランドキャンペーン(別名:エステルランド崩壊キャンペーン)

このキャンペーンはブレカナ2ND時代(3RDが発売前)に行った全5話の設計概要です。
明らかにブレダが勝ちそうなハイデルランド情勢から、そのまま歴史を進めてみたものです。

初期設定
ブレダ軍の大攻勢が始まる。
国王ヘルマン1世の死亡が伏せられたまま。
王妃マルガレーテも謀殺されたエステルランドは政治的にも軍事的にも中枢機関を失っていた。
最前線となったケルバーでは、ディングバウ(リザベート)とログレント(エロイーズ)が相打ち。
ケルバーは突破され、避難民で溢れかえっていた。

第1回「王都戒厳令」
フェルゲン防衛のために旗を挙げた、アンセル王子とカール王子。
殺戮者と化したアンセルによる勝利ではエステルランドは救えない。
ボス:アンセル王子+白鳥人ベルティルデ(聖痕者)

第2回「殺戮の嵐~カーネイジストーム~」
ケルバーの前哨戦で死亡したゲオルグの魔剣カーネイジ。
その魔剣は姿を変えて、ノエル(ブレダ軍に捕囚された後、政治的判断から登用された)の手にあった。
ボス:魔神カーネイジ+暴走ノエル(ゲスト)

第3回「灰色の野望」
カーネイジの騒動の間、ブレダの進軍は停滞。
王都フェルゲンはヴィンズ公がその手に収めていた。
各地で濡竜将たちと十三鬼衆の戦いが展開する。
ボス:新神聖騎士団団長ザムエル(中ボス)→十三鬼衆ザーロモン+十三鬼衆パランティア

第4回「さらばガイリング2世(前編)」
ヴィンズ公は、ハインリヒを人質に、ガインリング2世を罠にかけた。
一騎打ちと称した卑劣の戦いだ。
この戦いで、片目を失い倒れ行くガイリング2世の肉体に異変が発生。
アーグリフがその体に受肉する。
白鳥人として覚醒した愛娘リエッタを前にヴィンズ公もまたアーグリフの配下となる急展開。
フェルゲン上空に現れたヴェルンフラム城の下、門番と化したヴィンズ公が立ちはだかる。
ボス:ヴィンズ公(聖痕19/37個+魔印10個) 聖痕の一部は使用済

第5回「さらばガイリング2世(後編)」
この戦乱は、最初からアーグリフの陰謀だったのだろうか。
ガイリング2世の体に完全に同調する前に魔神アーグリフを倒すしかない。
アーグリフの力は圧倒的(手番に5回攻撃)だ。
それでもPCたちは、各人の背負うべきもののために戦う。
それを支える人たち(ヒルダ王女・小覇王リーズ・白鳥人ベルティルデ・お館様ウォルフガング・森人アルダ+聖痕のみとなったガイリング2世)の声援(舞台裏奇跡リソース)を受けて…。
ボス:ガイリング2世の体に降臨した魔神アーグリフ(魔印34個)
01:15 | キャンペーン | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

らじかる らじかる るるるるる

ダブルクロスの新サプリ『ラディカルドライブ』のシナリオクラフトで遊びました。

テンプレート番号からダイスで決めるGM。
シナリオテンプレートは「ジャームハント」
さらにDロイスもダイスで決める。

■ けしからんヒロイン事件
 ダイスロールの結果、ヒロインの外見は
「豊満でふっくらとした」
「おお」「すばらしい」「実にけしからん胸だ」
以降、「けしからん」がヒロインのコードネームに。

■ 起源種
結果、おいらは起源種に。ダイスボーナスがありません。
サラマンダー・ハヌマーンにしましたが、ダイスが苦しかったです。
全国の起源種フリークのみなさんには悪いのですが、シンドロームに相性があります。
(キュマイラとか以外あまり有利ではないようです。)

■ さらば、ネームレス 
イベントロールの結果、ダイスロール結果のNPCが襲撃を受けることに!
結果!(コロコロ)ネームレス。
『「金魚が死んでいたな」「ああ、あれはかわいそうだったな」にならん!(笑)』
結果、猫形態だったことになる(←ある意味グロイ)
さらに次のロールで、「襲撃を受ける」
GM「相手はッ(コロコロ)ボスキャラテンプレート!」
PL「なんだよ、それ。振りなおせ」
PL「いやいや、ボスクラス2回戦闘ありというシナイオもある。受け入れよう」
GM「(コロコロ)ちゅうことでテンプレは“歪みの獣”」
 PL「メタルビーストのEXレネゲイトによって殺されたネームレス(猫)の内部から機械ボディが出現。それが巨大化して襲い掛かってきたのだった」
GM「じゃあ、それで」
PL「物体Xかい!」

■ ついに明かされるメタルビーストの目的!?
GM「一見、それは無差別殺戮のように見えて!」
PL「おお!何だったんだ」
GM「君たちの調査の結果…」「実は!」
GM「無差別殺戮をしていたようだ!」
全員「ヲイ!」(笑)
たまにはチョイスをしましょう。

■ ボス戦闘
最初の戦闘で侵食率131%まで行ったおいら。
シーン侵食率で+10%、衝動判定で15%増加。
侵食率146%でスタート。
おいら「何これ。ここで殴ると+25%。もう帰ってこれないな」(笑)
PL「おれまだリザレクトできるんだけど」
おいら「あとは任せた。っていうかお前は侵食率をあげろ!」

ちゅうことで、いまいち、“けしからん”ヒロインはあまりピックアップされず。
むしろ、ヒロイン的存在になったのは、UGNの情報室で戦闘となったため、PCの情報収集のお手伝いをしていたロシナンテ佐上道明こそヒロインだったかも。

おしまい
23:36 | プレイレポ(DX2) | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ナイトウィザード2ND PL参加

ナイトウィザード2NDを遊びました。

一言でいうと、マイルドになりました。
ファースト時代には、クラスや特殊能力に使えるものとそうでないものの差が大きすぎた感がありましたが、この意味でバランスは良い方向にチューニングされてます。
カオスな性格チャートは健在でした。
行動値にクリティカルとファンブルがなくなったのは英断ですね。
続きを読む
01:07 | プレイレポ(ナイトウィザード) | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。