FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

コードエンブレム~反逆のポカール

過日、「黄金の杯」(ルールブック付属シナリオ1本目)をプレイ
3RDの発売直後に一度、GMしたので、2回目になる。
ブレカナ初参加のメンバーもおり、シナリオは未経験者のみ。
こっちのシナリオが適していると判断して、使用した。

プレイヤーは、3名なので、調整したのだが…

結果:PC死亡1名

殺戮者のリアクションでクリティカルが出てしまったからね(←常のオープンダイス)
ワンダーはここから生まれたのだった。

GM「各人のエンディング希望を聞いていこう!」
PC1「黄金杯使えば、PC2生き返ります?」
GM「なぬ??」
GM「ま、まぁ、生き返るなぁ。」
PC1「じゃ、契約します。そういうエンディングで!」

GM「一応確認しておくと、契約した時点で、君、殺戮者扱いだよ。」
PC1「ああ、そこはいい。姉さん(PC2)を生き返らせる。」
GM「十中八九、PC2にも魔印が付くし」
PC1「ううむ、ま、そこは契約時にごねてみよう」
PC1「そうでなければ血はやらん」
GM「それは黄金杯にとっては、妥協できる部分かな」
GM(黄金杯)「それでいいだろう!」

GM「では、ぽたぽたと黄金杯に血が落ちていきます。」
PC1「PC2を生きかえらせろ!俺の血をくれてやる」
PC1「契約完了だ。」
GM(黄金杯)「そなたの願いを叶えよう!」
PC1「神龍でてきますか?」(笑)
GM「でてきません」
GM「少なくともこの時のPC1の願いは、これだけだった。」(ナレーション風味)
GM「人はこうして過ちを犯すのだろうか…」

黄金杯の騎士が生まれた日
GM「では、聖痕の欄の横に“黄金杯の花押”と書いてください。」
GM「魔印がどこにくっつくか聖痕位置表でロールをどうぞ!」
PC1(コロコロ)「瞳の奥!」「おお!そのままだ!」
PL一部「ぎゃははは」

コードエンブレム
GM「次回、コードエンブレム、反逆のポカール第2回」
GM「『分かっていた筈だ。あれはやばい力だってことぐらい…』

PC1「おお!続くんですか?やった~」
GM「続きません。だって、君、殺戮者だし」
PC1「しょぼーん」

GM「は~い、続いて、死んだ筈のPC2が目を覚ますエンディングね」

こうしてDPはプラスでも殺戮者が誕生しましたとさ。

おまけ(帰路)
GM『わたしは提唱するッ!合衆国ウニオン!』
PC1「ぎゃははは」

スポンサーサイト
04:50 | プレイレポ(ブレカナ) | comments (4) | trackbacks (0) | page top↑
プレイレポ(N◎VA-D)『牙の門』(ネタバレなし) | top | スマートな宣言とダイスロール

コメント

#
はっはっは。
残念だが、殺戮者には未来はないのだ。

似たようなセッティング(魔印もち)から始められるシナリオもブレカナならありだけど、「黄金杯の騎士」からってはすぐに思いつかないね。

刺激的ではあるが

プレイヤー枠じゃねえだろ!

っていう感じのシナリオになるからね。
by: あきら | 2007/05/01 01:35 | URL [編集] | page top↑
#
iyaiyaiya!
マローダーじゃないですよーww
ちょっと魔印持った流のエングレイヴです('-'*)
by: Azell (ミニクモ) | 2007/04/28 15:59 | URL [編集] | page top↑
#
むう、現れたな、殺戮者!
by: あきら | 2007/04/27 18:14 | URL [編集] | page top↑
#
脚色がありますが、だいたいそんなノリでしたねw

初ブレカナで初落ちは中々良い経験だったなと思いますw 
by: Azell (ミニクモ) | 2007/04/27 15:44 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hiderland.blog68.fc2.com/tb.php/42-d852a4b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。